FC2ブログ
猫とワタシ

塩とたれ

家の目の前が焼鳥屋さんってだけです

いままで人がきてくれました
いま:人が読んでくれています

この記事のみを表示する【なると県旅行】俺は渦に巻かれてみるぜ【続きを読むを押しやがれ】

旅行

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


うどん県となると県の旅行記は、
1日2記事をアップしています。
(午前5時頃と午後5時頃になります。)

また、稀に"続きを読む"に追記がある場合があります。
よろしければ過去の記事を読んでいただいたり、
"続きを読む"をクリックしたうえで、
こんなヘタレブログに優しいコメントやアドバイスを戴けたら、
狂喜乱舞して、そちらにも伺いますっ。



が行きたがっていたので、
高知行きをあきらめることになった船に乗り込みます。


DSC_0117__20190809_02_アクアエディ

うずしお観潮船(鳴門観光汽船)

DSC_0116__20190809_02_アクアエディ

嫁の希望で小型水中観潮船アクアエディ(要予約)に乗ります。

DSC_0122_20190809_02_アクアエディ

しかし、これが失敗の始まり。
詳しくは"追記"に書いておきますね。


DSC_0125_20190809_02_アクアエディ

何気なく何枚かアクアエディの写真を撮ったときの一枚。
なんとなくお気に入り。
たまたま、女性がフレーム内に入ってきただけなんですけどね。
みなさんは、涼しい館内にいたので。
スマホでもそれっぽく撮れるもんだと。

DSC_0126_20190809_02_アクアエディ

いよいよ、乗り込みます。
乗ったら、地下の暗い部屋にぎゅうぎゅうと詰め込まれました。
しばらくすると、1階デッキには出てもいいというので、
とりあえず上がってみた。

DSC_0132_20190809_02_アクアエディ

渦の近くに行くと、また地下に戻れと。
なんなんだ。
"まずは、水中の渦の様子をご覧いただきます。"

DSC_0137_20190809_02_アクアエディ

何も見えん…

やっと、2階デッキに出てみたら、
そこもギュウギュウの世界。

DSC_0139_20190809_02_アクアエディ

仕方なく、人の後ろから写真だけ撮ってみる。
なんか、時間帯がいまいちだったのか、
渦を巻いている感じはなかったな。

DSC_0142_20190809_02_アクアエディ

ちなみに、写っているのは、全部乗り合わせただけの知らない人。
船がけっこう揺れるので、みんな手すりに寄っかかってる。

渦を写真に撮っても、荒れた海のようにしか写らないと聞いていたけど、
ホントにその通りだった。
動画も撮ったんだけど、あげ方が分からないので、写真のみ。
目指せ、YouTuberだね(笑)
メンドーだし、やらないけど。

DSC_0149_20190809_02_アクアエディ

大鳴門橋を下から撮ってみる。
いやあ、渦に巻き込まれたかったけど、
いまいちだったな。
まあ、嫁は喜んでいたからいいか。
ちなみに、嫁は橋マニアであり、フェリーフェチであることを付け加えておきます。




ごちそうさまでした。





"よろしければ"続きを読む"もご覧ください"







テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 疲れた男性へ
にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

うずしお観潮船について

アクアエディが完全予約制なので、
そっちのほうがよさげに見えますが、
ちょっと、お高いのですが、
"わんだーなると"の2階デッキの方をお勧めします。
こちらなら、予約もいらないし、
ゆったり見られるからです。

アクアエディの地下デッキは、
水中を見られるようになっていますが、
渦の中に入っても、
渦が巻いているところを見られるのは、
たぶん、よほど運がいいときだけだと思います。
狭くて暗いとこに押し込まれる方が嫌。

それに比べると、わんだーなるとの方が、
2階デッキなら、混雑せずによく見えると思います。
この日は12:45発のアクアエディに乗ったのですが、
渦がもっとも巻く時間帯は13:30頃だったので、
それに合わせた予約が取れなかったんだよね。
わんだーなるとなら予約不要なので、
定員に達していなければ、好きな便に乗れます。
心配なら、早めに行けばいいだけだし。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:徳島県
ジャンル:地域情報

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)