FC2ブログ
猫とワタシ

塩とたれ

家の目の前が焼鳥屋さんってだけです

いままで人がきてくれました
いま:人が読んでくれています

この記事のみを表示する【カップめん】おいしいワンタン入り 出前一丁どんぶり【日清食品】

カップめん

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


きなりなんかですけどね、
前置きなしで…















Red cupnoodle syndrome 発症。










IMG_6758_20180213_出前一丁どんぶり

出前一丁どんぶり
つるっとしたワンタンでおなじみの出前一丁どんぶり。ベースとなる豊かなごま油の風味はそのままに、フレッシュなごまの香りをアップした「香り華やぎごまラー油」に生まれ変わりました。もちろんごまラー油+炒りごまのWごまパワー、ごま約1,000粒分のセサミン入りです。
日清食品より引用


ちょっと商品紹介のやり方を変えてみたww


IMG_6759_20180213_出前一丁どんぶり

"出前一丁"って今更ながらですが日清食品の製品だったんですね。
いやあ、"出前一丁"なんて、まずまずカップ麺で食べたことないし、
袋麺でさえ、数十年食べてないですよ。
1回くらいは食べたことあると思うんですけど、
ほぼほぼ記憶にないですね。
でも、食べたことはあると思うんですよね。


IMG_6760_20180213_出前一丁どんぶり

50周年なんですか?
けっこう歴史長いんですね。
結局のところ、サッポロ一番を食べることが多かった子どもの頃。
出前一丁の記憶はあまりないのですが、
きっと、食べたことあると思うんだよなあ。
今回は赤いぱけにやられましたけどね。
ついつい、買っちまいました。


IMG_6761_20180213_出前一丁どんぶり

、お味なんですけどね、
これは、なかなか懐かしい味がしました。
これぞ、日本のインスタントラーメンって感じです。
うまく表現できないんですけれども、

ざ・インスタント麺

って感じですかね。


安定したスープの味と香り。
連続して食べたいとは思わないけれども、
なかなか懐かしい味がして、
これはこれでボクは好きな味ですね。
ごま油が入ることで、
出前一丁らしさが倍増してるきがして、
たまに食べるならアリだなあと思いました。

どうも、出前一丁は海外での活躍が多いみたいで、
今度は、ぜひ、海外ver.を食べてみたいな。










ごちそうさまでした。










出前一丁どんぶり









"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




















テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 疲れた男性へ
にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カップめん
ジャンル:グルメ

コメントの投稿

secret

No titleNo title

最近、カナダの出前一丁(豚骨)を食べましたよ〜(笑)

甘い豚骨に黒マー油のジャンクな逸品でした(/ω\*))

おはようございます(^_^)/おはようございます(^_^)/

あー、今回は外見が赤で、中身は赤くなかったんですねー。
袋麺の出前一丁は赤いラー油が付いていた記憶がありますが、カップ麺にはなかったんですねwww

taka :aさんへtaka :aさんへ

> 最近、カナダの出前一丁(豚骨)を食べましたよ〜(笑)

いいなあ。
ボクは香港のやつを食べてみたいんだけど、
売ってないんだよなあ。

> 甘い豚骨に黒マー油のジャンクな逸品でした(/ω\*))

ジャンク!
いいなあ。
どこに売ってるんだろ?

ヒッキーに憧れる出無精さんへヒッキーに憧れる出無精さんへ

> あー、今回は外見が赤で、中身は赤くなかったんですねー。
> 袋麺の出前一丁は赤いラー油が付いていた記憶がありますが、カップ麺にはなかったんですねwww

ラー油なんてついてたっけ?
その記憶さえない(笑)
ピリ辛でもおいしそうですが、
これはこれで美味しかったですよ。

No titleNo title

カナダのブログ仲間に送ってもらったので…
日本では手に入らないかも( ´・ω・)

「出前一丁 黒蒜油猪骨味」

taka :aさんへtaka :aさんへ

> カナダのブログ仲間に送ってもらったので…
> 日本では手に入らないかも( ´・ω・)

カナダに友だちいらっしゃるんですか?
いよいよすごいです。

> 「出前一丁 黒蒜油猪骨味」

なんとか香港のを見つけたい。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)