FC2ブログ
猫とワタシ

塩とたれ

家の目の前が焼鳥屋さんってだけです

いままで人がきてくれました
いま:人が読んでくれています

この記事のみを表示する【なると県旅行】東京発の徳島名物食べてみるぜ

旅行

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


うどん県となると県の旅行記は、
1日2記事をアップしています。
(午前5時頃と午後5時頃になります。)

また、稀に"続きを読む"に追記がある場合があります。
よろしければ過去の記事を読んでいただいたり、
"続きを読む"をクリックしたうえで、
こんなヘタレブログに優しいコメントやアドバイスを戴けたら、
狂喜乱舞して、そちらにも伺いますっ。



島自動車道を東へ向かってゆるゆると。
借りたレンタカーなんですけど、
運転支援システムがついていて、
高速道路とかだと、ハンドルも勝手に動いたり、
自動アクセルも、前の自動車が近づくと、
勝手にブレーキかかったり、
慣れたら面白い車です。
が…、ごちゃごちゃとナビがうるさいのも事実。
山道くねくねでハンドル切ったら、
"急ハンドルを検知しました。安全運転を心がけましょう。"
こっちはユルユルで走ってんのに…。
まったく。


で、徳島に近づいてきて、
ちょっとおなかが空いたので、
上板サービスエリアで、
休息も兼ねて、ご飯を食べることにしましたよ。


DSC_0075_20190808_03_徳島丼

これ、見たときから気になっていたんですよ、。
聞いたことなかったので。

徳島丼
徳島丼(とくしまどん)は、徳島ラーメンの具材を、ご飯にかけた丼物のこと。
元々はフジテレビ社員食堂のメニューのひとつであり、社員食堂を運営するフジランドの大久保勝事業部長が考案し、2006年より販売されていた。
2009年にミュージシャンの桑田佳祐がホストを務める音楽番組「桑田佳祐の音楽寅さん」で紹介されたのがきっかけで話題を呼んだ。
同年6月13日に公務で上京していた飯泉嘉門・徳島県知事が試食し、7月2日に徳島県庁の食堂のメニューに追加された(1日50食限定で一般県民も食べられる)。
具材は徳島ラーメンの具材の醤油で煮込んだ豚ばら肉やメンマ、モヤシ、生卵など。

Wikipediaより引用



ということらしくて、まあ、わざわざお店に食べに行くのも何なんで、
ここてぜ食べてみようと思い、注文してみました。
※どうやら、徳島丼は徳島県庁の食堂で食べられるもののようです。
 置いてあるラーメン屋さんもあるみたいだけど、少なそうです。

ではでは、食べていきましょうね。


DSC_0070_20190808_03_徳島丼

確かにラーメンのトッピングのようだ。
徳島ラーメンに生卵はデフォ。
卵を乗せて食べてみよう。

うーん。
確かにラーメンの具材だけど、
味付けが濃いから、ご飯によく合う。
なかなかだ。
そうきましたかって感じ。
だけど、ラーメン屋さんでこれを食べるなら、
ラーメン食べちゃうかもしれないぞ。
徳島ラーメンは有名だし。
それにしても、こんなことを考えるとは恐れ入りました。
うまかったなあ。




ごちそうさまでした。





"よろしければ"続きを読む"もご覧ください。"







テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 疲れた男性へ
にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

スポンサーサイト



テーマ:徳島県
ジャンル:地域情報

この記事のみを表示する【なると県旅行】度胸試し2発行くぜ

旅行

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


うどん県となると県の旅行記は、
1日2記事をアップしています。
(午前5時頃と午後5時頃になります。)

また、稀に"続きを読む"に追記がある場合があります。
よろしければ過去の記事を読んでいただいたり、
"続きを読む"をクリックしたうえで、
こんなヘタレブログに優しいコメントやアドバイスを戴けたら、
狂喜乱舞して、そちらにも伺いますっ。



どんに満足したので、
このままなると県に突入いたします。
目的地まで59.7kmのロングランでゴザイマス。


DSC_0013_20190808_02_大歩危峡

道の駅 ことなみ



4kmくらい走ったところに道の駅があったので、
トイレ休憩も含めて立ち寄ります。
嫁と姉ぇねは、ここの名物のきなこソフトクリーム食べてた。
兄ぃには、友だちにうどん買ってたので、
また、うどん買ったのか?って言ったら、
"うん。友だちにね。ひとつ100円だったから"と。

IMG_0317_20190808_02_大歩危峡

これが、兄ぃにが4つも買った"うどん"。
瀬戸内讃岐工房が作っているものらしい。
しかし、ひとつ100円とは…投げ売りだろ?(笑)
さて、この先はなると県です。
うどんとは、しばしお別れ。

ちなみに、ここの道の駅には温泉があるので、
時間があれば、立ち寄っていくのもいいかもしれません。


DSC_0030_20190808_02_大歩危峡

道の駅 大歩危



とりあえず、ここから山道なので、
トイレ休憩と水分補給を兼ねて。
大歩危峡を見せたかったんだよね。
ボクだって初めてだけど。


DSC_0015_20190808_02_大歩危峡

川を眺めていたら、
対岸にアンパンマン号が。
思わず写真を撮り、
次の日、お子さんが電車好きな昔、同僚だったママさんに、
写真をLINEで送ってみました。
返事がこれ。

DSC_0015b_20190808_02_大歩危峡(yuki)

おもちゃ持っているとは、さすがです。


さて、水分補給も、
ニコチン接種も終わったので、
いよいよ、度胸試し1発目。
やたら狭い山道を進みます。
すれ違うことができない場所も多々あり、
ボクはたまたますれ違うことができるところでしか対向車に出会わなかったけど、
あんなところで、しかも、自分の車より大きなレンタカーでバックすると思うと、
考えただけで、ぞっとします。
すでに度胸と運だめしが始まっていますね。
ルート的には15.4kmのドライブですが、
アップダウンとワインディングWild山道があるので、
意外と時間がかかります。


DSC_0034_20190808_02_大歩危峡

小便小僧



ここね、駐車場はありません。
先に団体さんがいて、バスガイドの歳いったおねいさんが、
"ちょっとここで待っててな。いま、観光バスが先でUターンして戻ってくるから。
よかったら、小便小僧でも見ててや。"

と、言われたのを幸いに、
ちょっとしたスペースに車を寄せて、
そのまま小便小僧みた。
200mの崖の上に小便小僧。
昔、ガキどもが度胸試しにここで立小便したっていう逸話があって、
こんなところに像が設置されたらしい。
よくやるよ。ボクなんか画像見てるだけで足がすくむ。


バスがいってしまったので、
団体さんたち(アジア系のみなさんでしたね)が行ってしまったので、
独占観光できました。
1円乗っけてきた(笑)

元来た道を引き返します。
しばらく行くと、例のバスがいたので、ゆっくりついていきます。
運転手さん、いくら小さめの観光バスとはいえ、
あの狭いくねくね道での運転…メッチャうまいなあ。

途中、絶対にすれ違えない場所で対向車と向き合ったのですが、
こっちはバスとボクとで2台。
大型のSUVは泣く泣くバックでくねくね道を戻りました。
かわいそうだけど、こんなところでバスにバックされたら、
ボクだって困る。ありがとね。


DSC_0068_20190808_02_大歩危峡

第2の目的地に隣接する"かずら橋夢舞台"。
駐車場は500円。
道の反対側に民間の駐車場300円ってのがあったけど、
こっちの方が高くても広いのでお勧めです。



いよいよ度胸だめし第2弾。
かずら橋を渡ります。

DSC_0039_20190808_02_大歩危峡

DSC_0039a_20190808_02_大歩危峡

この橋を渡るのに、550円かかります。
いやあ、めっちゃこわい。
しかも、なんだか大学生らしき団体と一緒になっちゃって、
写真を撮るためか、何度も立ち止まるので、
そのたびに、おっとっとってなって、怖さ倍増。

DSC_0046_20190808_02_大歩危峡

前を行くお兄さん、なんでこんなところにスーツケース?
足場が平たんではないため、どうしても下をみながら歩くので、
さらに恐怖。
高所恐怖症のボク…地獄でした。
というわけで、渡っているときの写真はこれだけ。
嫁と子どもたちは、すたすたと行ってしまいました(泣)
渡りきったところから少し下ると、滝があるってんで行ってみました。


DSC_0051_20190808_02_大歩危峡

琵琶の滝

昔、平家の落人が京の都をしのび、この滝で琵琶を奏で、
つれづれを慰めあっていたことから名付けられたと言い伝えられているらしい。
落差50mのなかなか美しい滝でしたよ。

DSC_0062_20190808_02_大歩危峡

水が冷たくて気持ちよかったです。
怖かったけど、来てよかった。

DSC_0065_20190808_02_大歩危峡

さてさて、ここから徳島市まで116kmのロングドライブです。
ガソリンが不安なので、途中で入れていかなきゃだわ。




お疲れさまでした。




"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"







テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 疲れた男性へ
にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

テーマ:徳島県
ジャンル:地域情報