FC2ブログ
猫とワタシ

塩とたれ

家の目の前が焼鳥屋さんってだけです

いままで人がきてくれました
いま:人が読んでくれています

この記事のみを表示する【うどん県旅行】ちょいと決めての銭を見に行くぜ

旅行

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


うどん県となると県の旅行記は、
1日2記事をアップしています。
(午前5時頃と午後5時頃になります。)

また、稀に"続きを読む"に追記がある場合があります。
よろしければ過去の記事を読んでいただいたり、
"続きを読む"をクリックしたうえで、
こんなヘタレブログに優しいコメントやアドバイスを戴けたら、
狂喜乱舞して、そちらにも伺いますっ。



毘羅さんで死ぬ思い。
ホテルに帰りたがる嫁を無視して、
車を海の方へ走らせます。
我が家で運転できるのはボクだけ。
特権…というか、どうしても見せておきたい場所が二か所あったから。
ナビに目的地をセットして、22.5kmのドライブです。

目的地近くになって、
ナビと道路標示の場所の違いに、
ビミョーな感じを受けていたんだけど、
とりあえず、ナビのいう通り車を走らせると、そこは…。


DSC_0190_20190807_04_銭形砂絵-父母ケ浜

確かに銭形砂絵が目の前だ。



こっち行っちゃったのね。
他にも、ナビに従った真面目なレンタカーが何台か来てたな。
途中、展望台を示す表示があったのを思い出し、
いそいで、そちらに行ってみます。




こちらが正解。
ここのちょい先に第一駐車場があるんだけど、
銭形砂絵を見たいなら、第二駐車場。
そんなに差はない(50mくらい?)んだけど、
第一駐車場からは、ちょっとだけ坂を上らなきゃならないからね。
金毘羅さんの後では、もう、坂はごめんです。


DSC_0196_20190807_04_銭形砂絵-父母ケ浜

銭形砂絵
観音寺市といえば「寛永通宝」と言われるほど、市内で一番人気がある観光スポットです。
有明浜の白砂に描かれたこの砂絵。
その大きさはなんと!東西122m、南北90m、周囲345mもあります。
一般には、寛永10年(1633年)に藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたと言われており、
この砂絵を見れば健康で長生きし、お金に不自由しないと伝えられています。
琴弾公園内の山頂展望台から見るのもおすすめですが、地上から見るとさらにその大きさが体感できます。
観音寺市HPより引用



いやあ、これを見せたかったのよ。
今日も決めての 銭がとぉぶぅ🎵
と歌っていたら、兄ぃにが、
何の歌?って。
そっかあ、銭形平次知らないよなあ。
これを読んでくださっている貴女。
当然、知ってますよねぇ。
ダメダメですよ、サバ読んじゃ。


DSC_0193_20190807_04_銭形砂絵-父母ケ浜


次に向かうのは三豊市。
7.7kmのドライブです。


DSC_0201_20190807_04_銭形砂絵-父母ケ浜

父母ケ浜
約1kmのロングビーチを誇る穏やかな海水浴場です。
毎年夏には多くの海水浴客が訪れます。
最近、南米ボリビアの天空の鏡とも呼ばれる「ウユニ塩湖」のような写真が
撮れると話題の香川県三豊市の父母ヶ浜(ちちぶがはま)。
三豊市HPより引用




ここはボリビアの"ウユニ塩湖"のような写真が撮れることで有名。
この日は風があって、さらに、日の入り前に行ったので、
ふつうのきれいな海水浴場だったけどね。
少しだけでもと期待していたんだけど、ちょっと残念。
事情があって、5時前にはホテルに戻りたかったので、
波打ち際でちょっと足をつけておしまい。
※事情についてはこちらの追記をご覧ください。


汗で気持ち悪かったし、ホテルまで55.6kmのドライブです。
1時間ほどかかるので、日の入待てなかったんだよねぇ。
仕方ない…。




お疲れ様でした。




"よろしければ"続きを読む"もご覧ください"







テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 疲れた男性へ
にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。
スポンサーサイト



テーマ:香川県
ジャンル:地域情報

この記事のみを表示する【うどん県旅行】登ったものにしか分からない世界だぜ

旅行

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


うどん県となると県の旅行記は、
1日2記事をアップしています。
(午前5時頃と午後5時頃になります。)

また、稀に"続きを読む"に追記がある場合があります。
よろしければ過去の記事を読んでいただいたり、
"続きを読む"をクリックしたうえで、
こんなヘタレブログに優しいコメントやアドバイスを戴けたら、
狂喜乱舞して、そちらにも伺いますっ。



するに、高松より西側にいるわけで、
高松に来たら金毘羅さん行かなきゃという強迫観念。
嫌がる嫁を説得し、
やってきましたよ、金毘羅さんの門前町。

DSC_0162_20190807_03_金刀比羅さん


さてさて、この蒸し暑い中、
いよいよ金毘羅さん目指して、
石段を登ります。


DSC_0166_20190807_03_金刀比羅さん

いったい、何段あるんだよ。
もう、100段くらいでギブアップの様相を呈します。


DSC_0168_20190807_03_金刀比羅さん

この場面で、すでに汗びっしょりです。
もってきたハンドタオルはお絞りと化し、
ポッケに入れておいたら、
ズボンまでびっしょり。


DSC_0170_20190807_03_金刀比羅さん

笑顔でしあわせ…
ふざけるな。笑止千万。
このあたりで、運動不足専業主婦嫁が遅れ始めます。
まぢか…。


DSC_0171_20190807_03_金刀比羅さん

いやあ、これはキツい。
このあたりで、ボクも相当キツくなってます。
子どもたちはすたすたと先に行ってしまいました。
姉ぇねなんて、すぐに音をあげると思っていたのに、
遥か前方へ。


DSC_0172_20190807_03_金刀比羅さん

誰だよ、こんな階段の上にお宮さん作ったの?
延々と続く階段に愚痴りたくもなります。
子どもたちは遥か彼方。
嫁は遥か後方。
どうすりゃいいんだいっ…と。


DSC_0173_20190807_03_金刀比羅さん

旭社。
ここまで、628段登ったことになります。
いやあ、半端ねぇ。ツライ。


DSC_0174_20190807_03_金刀比羅さん

652段登った。
あと、100段ちょっと。
それにしても、もう子どもたちの姿は見えない。
数えるのも億劫になって来たぞ。


DSC_0175_20190807_03_金刀比羅さん

ゴオオオオオォォォォール。

登りましたよ。
785段。
さらに上ること8段。
なんで賽銭箱まで行くのに急な階段なんだよ。
高所恐怖症のボクは膝をガクガク振るわせながら、
手を合わせること数秒。
怖くてすぐに降りちゃいました。
まぢヤヴァい。


DSC_0177_20190807_03_金刀比羅さん

いやあ、ずいぶん登ったものです。
巫女さんが甘いお抹茶とお菓子を配ってくれていたので、
しばし休憩して、下界目指して階段を舞い戻ります。


DSC_0181_20190807_03_金刀比羅さん

金毘羅さんって、海の守り神なんですよね。
ここに飾られているのは、
平成6年に造船会社から寄贈された、
重さ19.2トンのスクリュー。
どうやって、持ってきたんだろ?
※ちなみに、この裏手に駐車場がありました。
 分解した状態ならトラックでもって来られそうな気がしました。



DSC_0184_20190807_03_金刀比羅さん

降りてくると、嫁と姉ぇねはソフトクリームを食べてました。
そのお店の側面の壁に…785円のソフトクリームの看板。
なんじゃ、こりゃ。


DSC_0185_20190807_03_金刀比羅さん

まぢか。
食べなかったけど、話のネタに食べてみてもよかったかな。
汗でぐっしょり、気力も萎えていたので、
高かったし止めといた。


こんぴらさん。
登った者でしかわからない喪失感がありました。
もう、二度と登らない。
これから行く人は、夏だけはやめておいた方がいいですよ。
汗びっしょりになって、
服の色が変わっちゃった女性もたくさんいましたからね。




お疲れさ…まぢ疲れた。





"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"







テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 疲れた男性へ
にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

テーマ:香川県
ジャンル:地域情報