猫とワタシ

塩とたれ

家の目の前が焼鳥屋さんってだけです

いままで人がきてくれました
いま:人が読んでくれています

この記事のみを表示する【カップめん】白樺山荘 辛口味噌ラーメン【日清食品】

カップめん

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス

数日は新潟旅行の回想録をアップしますが、
所詮赤の他人であるボクの旅行記などばかりだと、
少数精鋭の読者の皆様でさえ、
いつまで旅行が続くんじゃいとお怒りになるのは目に見えており、
しかも、旅行そのものはプールで遊んだだけで、
ビキニや水着やビキニの女子、OL、人妻など
人様にお披露目できるような写真やネタも少ないので、
旅行記の間に、旅行の前後に食べたカップ麺についてアップします。
何しろ、旅行前は「冷蔵庫を空にしろ」が嫁の枕詞で、
ボクだけじゃなく子どもたちもカップ麺と菓子パンでしたからね。

というわけで、ヘタレなカップ麺の記事にハゲ増しのコメントをお願いします。



汚いんですよ。
やり口がよろしくないと思うんです。
だってさ、今を遡ること3年前。
札幌ラーメン共和国に行ったんですよ。
白樺山荘ってラーメン屋で、味噌ラーメンを食べようと思って、
お店の前まで行ってみたんですよね。
そう、店の前まで。

奥さん、そこには何があったと思います?
行列ですよ、奥さん。
餃子じゃないって。行列だって。
まだ、お昼には早い時間帯であるにもかかわらず、
白樺山荘の前には長蛇の列。
いやね、長蛇は言い過ぎかもしれませんが、
明らかに、白樺山荘の前だけ人だかりですよ。
ハメられたと思いましたね。
ボクの「白樺山荘で味噌ラーメン食べたい」っていう熱い思いが、
おそらく、暗号解読されて、札幌の白樺山荘ファンを動員して並ばせたに違いない。
いやね、20人くらいだけでしたけど。

ちなみに、ボクの嫁はあまりラーメンが好きじゃないらしくて、
そこまでたどり着く間に、ホントに説得しまくったのに、この行列。
なんとも、悔しい思いをしながら、
泣く泣く別のラーメン店に入りました。

≪過去ログサルベージ≫



そしたらですよ、きっとまた、暗号を解読されたに違いありません。
コンビニにふらっと立ち寄ってびつくり。
白樺山荘のカップ麺が並んでいるじゃありませんか。
棚にびっしり行列をなすように。


IMG_5649_20170804_白樺山荘ピリ辛味噌ラーメン

白樺山荘 辛口味噌ラーメン

※ネットで調べていたら、どうもイオン限定商品らしいんですが、
 ボクはミニストップで購入しました。
 同じ系列だったのか…知らなかったよ。



しかも、カップがビミョーに赤いじゃあないですか?
嗚呼、しまった。

red cupnoodle syndrome 発症


IMG_5650_20170804_白樺山荘ピリ辛味噌ラーメン

気がついたらレジですよ、奥さん。
まったくもって、バカにつける薬はないのかと、
自分に自分が問い詰めたい。


IMG_5651_20170804_白樺山荘ピリ辛味噌ラーメン

で、お味なんですけどね、
これはなかなかおいしいと思います。
スープはコクがしっかりと感じられ、
カップ麺としてはなかなかの出来栄えだと思います。
そこに、ニンニクとラー油が絶妙にマッチしていて、
また、そのスープが平打ち系の麺に合うんですよ。
これは美味しい。

さらに言うと、辛口ってあるけど、そんなに辛くないです。
あくまで主役はみそ味。
辛さはアクセントでしかない。
色物的な"辛さ前面押し出しまくリング"のカップ麺ではないです。
辛いのは好きだけど、こいつはベースがしっかりしているので、
無駄に辛くする必要はないと思います。
半分は辛すぎ苦手の兄ぃにの胃袋に流し込まれていったから、
ホントに辛すぎない、ピリ辛旨辛だったんでしょうね。
兄ぃにも絶賛していました。
ピリ辛好きな奥さんにおススメです。


あのとき、白樺山荘に諜報員たちが列をなしていなかったら、
おそらく、家族の皆さんは味噌ラーメンを食べ、
ボクは絶対に辛口味噌ラーメンをチョイスしていたはずです。
なんたって、赤いからね。
いつの日か、白樺山荘へ行って、
本物の辛口味噌ラーメンを食べてやると誓った旅行前日の夜。
晩御飯がカップ麺で、考えていることが野暮ったいという、
焼き鳥おうじ家のちょっとかわいそうな状況をお知らせしました。











ごちそうさまでした。










"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




















テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。
スポンサーサイト

テーマ:カップめん
ジャンル:グルメ