猫とワタシ

塩とたれ

家の目の前が焼鳥屋さんってだけです

いままで人がきてくれました
いま:人が読んでくれています

この記事のみを表示する【レトルトカレー】万代シテイ バスセンターのカレー【新潟交通商事】

レトルトカレー

(=゚ω゚)ノぃょぅ

闘病中の焼き鳥おうじでゴザイマス


新潟旅行のときに、お土産で買ってきておいた、
バスセンターのカレーを食べてみました。


IMG_5992_20170909_バスセンターのカレー

万代シテイ バスセンターのカレー


新潟の玄関口ともいえるバスターミナルにある立ち食いそば屋さんのカレー。
なんでも、券売機に行列ができたり、
回数券が売られたりする、新潟のソウルフード的なカレーだそうです。


IMG_5993_20170909_バスセンターのカレー

今回は新潟駅まで行かなかったからね。
レトルトで勝負です。
ちなみにこのそば屋さん、
万代シルバーホテルがやっているそうです。


IMG_5995_20170909_バスセンターのカレー

実際のカレーと比べると、
そこまで黄色くはないんですけどね、
まあ、かなり黄色っぽいドロッとしたカレーです。
5分間湯煎したんですけど、
塊で出てくるくらい、とろみがあります。


、お味なんですけどね、
ちょっと想像と違っていましたね。
てっきり超甘口かと思っていたんですけど、
かなり、スパイシーなカレーです。
病みつきになるかどうかは別として、
見た目と味のギャップがスゴい。
味自体も独特な風味で、
日本のものとも、インドのものとも言えない感じです。
まぢでオリジナルなカレーです。
確かにおいしい。


実際に新潟で食べてみたいカレーですね。
ちょっとナメてました。
大したことないだろうって。
なかなかイケてますよ、バスセンターカレー。











ごちそうさまでした。











"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




















テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 疲れた男性へ
にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。
スポンサーサイト

テーマ:カレー
ジャンル:グルメ

この記事のみを表示する【レトルトカレー】大馬鹿ヤローカレー【フジモト物産】

レトルトカレー

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


伊豆の帰り道、道の駅にて休息しました。
沼津に抜けるため峠を越える必要があったからです。
前から気になっていたのですが、
ボクそのものをネーミングしたようなカレーが売っていて、
もちろん、そんなものを買うほど馬鹿ヤローではないつもりだったのですが、
パケがかったから、気がついたら…


IMG_5915_20170820_大馬鹿ヤローカレー

大馬鹿ヤローカレー


これね、別に伊豆の名物でも何でもない気がします。
確かに、販売元は三島にあるフジモト物産という会社ですが、
そこんとこ、どうなんでしょうね。
作っているのは北海道に本社がある北都という会社で、
もしかしたら、フジモト物産が企画し、
北都は作っているだけなのかもしれませんが、
そんなことも分からないほどの、
大馬鹿ヤローがここにいます。


IMG_5916_20170820_大馬鹿ヤローカレー

とにかく、ボクは道の駅"天城越え"(よくよく考えたらスゴいネーミングだなあ)で購入しました。
だから、伊豆のカレーってことで。
でもね、よくよくパケを見てみると…

IMG_5917_20170820_大馬鹿ヤローカレー


馬肉と えぞ 鹿肉をじっくり煮込み…って。


やっぱ、北海道やんけ (笑)


とにかく、どれくらい大馬鹿ヤローな味なのか、
大馬鹿ヤロー代表格の焼き鳥おうじさんが食べてみるでゴザイマス。


IMG_5921_20170820_大馬鹿ヤローカレー

色もとろみも、見た目は普通の、ごくごく普通の家庭のカレーと変わりません。
レトルトカレーにしては、大きい肉がゴロゴロと入っていました。


IMG_5922_20170820_大馬鹿ヤローカレー

どの肉が馬肉で、どれがえぞ鹿肉か分かんなかったんですけど、
とにかく、ゴロゴロ入っていましたね。


、お味なんですけど、
いやあ、大したことな…


くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」


辛い...

後から刺激的な辛さが襲ってきます。
今まで食べた激辛の中でも、5本の指に入るかもしれないです。
かといって、食べられない辛さではないのですが、
「大馬鹿ヤロー。」って囁きたくなるような辛さです。
味としては可もなく不可もなくおいしいと思うんですよね。
でも、辛さ的には、激辛好きにおススメですね。
辛さ耐性のない人は食べない方がよさそうです。
特にお子様が口に入れないよう注意が必要です。

レトルトカレーがどこのご当地カレーなのかなんて、
このインターネッツ全盛の時代には意味がないことなのかもしれません。
なにしろ、大馬鹿ヤローなんて世界中にいるわけですから。

それにしても、辛い…







大馬鹿ヤロー!










ごちそうさまでした。
























"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"



















テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。

テーマ:カレー
ジャンル:グルメ

この記事のみを表示する【レトルトカレー】帝国ホテル 英国風ビーフカレー【帝国ホテルキッチン】

レトルトカレー

(=゚ω゚)ノぃょぅ

今日も腰痛と闘う焼き鳥おうじでゴザイマス


先日ご紹介した"富士屋ホテル 伝統のビーフカレー"と一緒に紙袋に入っていたの。
今日も朝からカレーでゴザイマス。
朝ごはん、作ってもらえないからね(泣)


IMG_5635_20170730_01_帝国ホテル_英国風ビーフカレー

英国風ビーフカレー

これさ、918円もするジャマイカ?
いただきものとしては、かなり恐縮してしまう額でゴザイマス。
一つだけならまだしも、いくつか入っていたからね。
申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ほとんど面倒なんか見ていないのに。


IMG_5636_20170730_01_帝国ホテル_英国風ビーフカレー


丹念に炒めたみじん切りの野菜と、ブイヨンで煮込んだマイルドな味わいの英国風ビーフカレー。
時間と手間を惜しまずにつくりあげた帝国ホテル伝統の味わいをお楽しみください。
※カレーソースの中の黒い粒はキャラウェイシードという香辛料です。
帝国ホテル東京HPより引用



朝からなんてお上品なんざましょ。
インド人もびつくりです。


IMG_5637_20170730_01_帝国ホテル_英国風ビーフカレー

帝国ホテルかあ。
昔、カクテル講習会みたいのに行ったことがある。
友だちが勝手にボクの分まで申し込んでいてくれて、
しかたないから行ってみたんだけど、
後にも先にも、帝国ホテルに足を踏み入れたのは、その1回だけ。
やたらデカくて、人がたくさんいるホテルだなあって思っただけ。


IMG_5638_20170730_01_帝国ホテル_英国風ビーフカレー

さて、そんなホテルのレトルトカレー。
しかも"ぶりてぃっしゅ・びーふ・かれー"ですよ。
イギリスにもカレーライスなんてあるんですかねぇ。


で、お味なんですけどね、
これは、王道を行くカレーです。
いわゆる、普通のカレー。
そんなにスパイシーでもないし。
お上品なお味です。


IMG_5639_20170730_01_帝国ホテル_英国風ビーフカレー

お肉はそれとなく入っているんですが、
果たして918円の価値があるかといえば、
それはそれで疑問なんですよね。
具が少ないとか、小さいとか、
そういうことではなくてですね、
別にレトルトカレーにまでして食べなくてもいいんじゃないかと。
いただきものだけに、ちょっと文句は言えないんですけど、
文句というか、こいつの本物を帝国ホテルのダイニングで食べたら、
それはそれでおいしいんだろうなあとは思いましたが、
たぶん落ち着かなくて、椅子からお尻が3mmくらい浮いた状態になるんだろうな。
きっとそうなるに違いない。
腰に悪いなあ。










ごちそうさまでした。










"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




















テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。

テーマ:レトルト食品
ジャンル:グルメ

この記事のみを表示する【レトルトカレー】Asahitengu Brand BEEF JERKY CURRY 【ベル食品工業】

レトルトカレー

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


カップ麺ばかりでは身体に悪いと思って、
たまには朝からレトルトカレー。
1年365日、ボクのために朝ごはんを作ろうなんて気が、
100%さらさらナイ嫁のおかげでゴザイマス。


IMG_5559_20170725_アサヒテング_ビーフジャーキーカレー

Asahitengu Brand BEEF JERKY CURRY

パケにはベル食品工業が販売元になっていますが、
もともとテングのビーフジャーキーは、
鈴商SZBという会社が売っているんだよね。
でも、どちらの会社のHPにも、
この商品の記事はない。
なんでだろ?


IMG_5561_20170725_アサヒテング_ビーフジャーキーカレー

<調理例>とか書いてあるけどさ、
ごはんにカレーをかけただけだよなあ(笑)
この辺にもレア度の高さがうかがえます。
何しろ、幻のレトルトカレー。
ドン・キホーテに売ってるけどな。


IMG_5563_20170725_アサヒテング_ビーフジャーキーカレー

で、お味なんですけどね、
まさしく、ビーフジャーキー入りのカレーです。
言葉通り、そのまんまの味ですわ。
レトルトカレーの甘口にビーフジャーキーを刻んで入れたら、
きっとこんな味になるに違いないと思わせるほど、
王道をまっすぐ進んだビーフジャーキー味です。


IMG_5565_20170725_アサヒテング_ビーフジャーキーカレー

ということで、ウマいかマズいかと聞かれれば、
"ビーフジャーキー入りのカレーです"と答えるしかないんだけど、
まあ、マズくはないですよ。
何しろ、ビーフジャーキーですから。
ただ、それが原因なのか、
ちょっとしょっぱい気がするんですよね。
若者にはちょうどいい塩気かもしれません。










ごちそうさまでした。























"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




















テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。

テーマ:レトルト食品
ジャンル:グルメ

この記事のみを表示する【レトルトカレー】富士屋ホテル 伝統のビーフカレー【富士屋ホテル外販課】

レトルトカレー

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


なんだか、やたらと調子悪いなあって思っていたら、
熱が38℃ありまして、昨日、病院に行ったんですけど、
原因がわからないそうで、
ボクはボクで、別に風邪をひいている感覚もなく、
ちょっと体温調節がうまくいかないなってだけで、
咳も鼻水もなく、ただ、微熱が続いている感じ。
もしかしたら、数日前にめまいがすごかったから、
肝臓やっちゃったかも。
寝てるしかない。

こんな日でも、誰も何も作ってくれない朝ごはん。
先日、職場の人からもらったレトルトカレーを温めます。
医者様の薬が効かないんだよなあ。


IMG_5544_20170722_富士屋ホテル伝統のビーフカレー

富士屋ホテル 伝統のビーフカレー


富士屋ホテルって聞いたことあるけれども、
実際に行ったことはないんだよね。
小市民には手の届かないホテルですよ。
まあ、ボクの場合、こんな高級ホテルに泊まったら、
きっと緊張して眠れない…っつーか、
お金の心配だらけで、生きた気がしないと思う。


IMG_5545_20170722_富士屋ホテル伝統のビーフカレー

なんだか、恐ろしく昔に出来上がっていたレシピらしいですが、
当時はココナッツミルクなんてなかっただろうになあ。
あったのかなあ。

大正時代から受け継がれてきたホテルの味
富士屋ホテルで不動の人気を誇る、「カレー」。そんなカレーの歴史は、大正時代までさかのぼります。
現存するメニューカードに記載があるのは、大正4年(1915年)が最古です。
「カレー」という料理が日本で普及し始めたのは、大正時代だと言われています。ですから、富士屋ホテルのカレーは、時代の先駆けだったのかもしれません。

海外からの賓客にもふるまわれたカレー
富士屋ホテルのカレーは、昔から富士屋ホテルの自慢のランチでした。
1957年に来館されたインドのネール首相や、1958年に来館されたイランのモハンマド・レザー・シャー皇帝に「チキンカレー」を、1957年に来館された高松宮様には、「蟹カレー」を提供していました。
また、富士屋ホテルのカレーは、初期の頃からバリエーションも豊富で、1915年のビーフカレー、1916年のジビエカレー、チキンカレー、1936年には蟹カレー、マトンカレー、エビカレーなど、様々なカレーを提供していました。

一度味わっていただきたい、「ザ・フジヤ」でのカレー
富士屋ホテルチェーン全てのホテルのレストランでカレーをお楽しみいただけますが、一度味わっていただきたいのが、富士屋ホテルのメインダイニング「ザ・フジヤ」でのカレーです。
「ザ・フジヤ」は昭和5年から80年間変わらず形を残す、歴史あるものです。クラシカルな内観を眺めながらお食事を楽しむひと時は、お客様の思い出に華を添えます。
また、伊勢海老カレー、アワビカレーなど、ここでしか食べられない高級食材を使用したカレーもご提供しています。
富士屋ホテル倶楽部HPより引用


伊勢海老カレーとかアワビカレーとか、
そんなもんをカレーに入れちゃダメダメでしょ?
つうかさあ、レトルトカレーでさえ810円もするわけで、
いやあ、これだって自分じゃなかなか手が出ない金額ですよ。
知らずに4つもらっちゃった…
※悪いから、ご家族で食べてくださいって言ったんだけど、
 無理やりつかまされた紙袋には"帝国ホテルのカレー"も入っていた。
 今、気づいた…



IMG_5546_20170722_富士屋ホテル伝統のビーフカレー

で、お味なんですけどね、
これがまた、上品すぎるというか、
とってもマイルドなカレーで、
老若男女に愛されるっつーのもわかる気が…ちょっとだけした(笑)
ボクみたいな、ジャンキー臭たっぷりじゃないと満足できない、
それでいて、高級レストランで食べたとしたら生きた心地のしない人には、
あまりなじみのない味がしました。
どちらかというと、甘口のカレーです。


IMG_5547_20170722_富士屋ホテル伝統のビーフカレー

別にドアップの写真なんて撮らなくてもいいんだけど、
もう、一生お目にかかれないかもしれないので記念です。
※あと3つあるけどな(笑)

お肉もゴロゴロと入っていて、
なんだか食べた気がしないカレーだったな。
かみしめて食べたんだけど、おかしいなあ。
やっぱ、体調悪いのかな。









ごちそうさまでした。






















"最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




















テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。

にほんブログ村



※コメント大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。

テーマ:レトルト食品
ジャンル:グルメ