猫とワタシ

塩とたれ

家の目の前が焼鳥屋さんってだけです

いままで人がきてくれました
いま:人が読んでくれています

この記事のみを表示する【福島旅行】アクアマリンふくしま【福島・いわき市】

水族館

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス


自宅から食事休憩を含めて3時間半。
遠かった…

IMG_3932_20160820_02_アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま


IMG_3934_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3938_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3941_20160820_02_アクアマリンふくしま


ここからは写真のダダ貼り。
いやあ、巨大水族館だけに、見どころ満載で。


IMG_3942_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3943(アメリカカブトガニ)_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3947(ナメクジウオ)_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3952_20160820_02_アクアマリンふくしま

なかなか展示の仕方も順番も工夫されています。


IMG_3956_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3957_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3960(ゴマフアザラシ)_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3968(トド)_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3978(南極の氷)_20160820_02_アクアマリンふくしま

数万年前の空気を感じよう  平成25年7月9日(火) 
 いわき市の環境水族館アクアマリンふくしま、及び郡山市のふれあい科学館スペースパークに南極の氷を贈呈しました。この氷は南極観測支援を行う海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」が今年4月に持ち帰ったものです。自然環境の学習に役立ててもらおうと毎年贈呈しており、今年でそれぞれ12回目、11回目となりました。
 アクアマリンふくしまにおいては本部長から副館長への贈呈式が行われ、来館していた子どもたちが興味深く氷に触れ、記念撮影などをしていました。
 スペースパークでは、招待された郡山市内の芳山小学校4年生、47名の児童の前で贈呈式が行われました。贈呈に先立ち本部長が氷やしらせの説明を行い、児童たちは真剣に聞き入っていました。館長への贈呈式後、児童1人1人が実際に氷に触れ、南極の氷の特長である空気のはじける音に耳を傾けていました。(南極の氷は積った雪が圧縮されることでできるため、氷の中に空気が閉じ込められます。氷が融ける際、その氷が空気中に放出するため、パチパチと音がします。)
 アクアマリンふくしまではこの南極の氷が常設展示されています。また、スペースパークでは7月20日、21日に展示を行う予定となっています。

自衛隊福島地方協力本部ホームページより引用




IMG_3981(サケ)_20160820_02_アクアマリンふくしま

この方たち、水槽の中のどの魚がサケかを探しているんだけど、
もしかして…

全部サケじゃないのか?


IMG_3985_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3989_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3993_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3996_20160820_02_アクアマリンふくしま

ハタンポのベイトボール
たまに、伊豆の海でも見かけるけど、すごいよ。
スイミーを思い出すね。

IMG_3996a_DSC_0428_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_3996b_DSG_0429_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4004_20160820_02_アクアマリンふくしま


IMG_4005_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4010_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4012(アバチャン)_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4017(ホテイウオ)_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4021(ラウスツノナガモエビ)_20160820_02_アクアマリンふくしま

知床沖で新種のエビ発見 「ラウスツノナガモエビ」小学生が名称

平成28年2月8日

 北海道羅臼町の知床半島沖で新種のエビを発見したとする論文を、水族館「アクアマリンふくしま」(福島県いわき市)などの研究チームがまとめた。ヒゲのように見える頭部のツノが長いことから「ラウスツノナガモエビ」と命名した。
 チームは2014年9月、水深500~800メートルの根室海峡で漁師が引き揚げた籠の中から、見慣れないエビを発見。詳しく調べたところ、寒冷な深海にすむイバラモエビ属の新種と分かった。名前は地元の小学生が考案した。
 足や腹の鮮やかな紅白模様が特徴。ツノの先から尾までの長さは10~15センチで、この大きさのエビで新種が見つかるのは珍しいという。味は良いが商品価値がないため、これまで海に捨てられていた。同水族館は捕獲した数匹を飼育し、生態を調べている。
 世界自然遺産の知床沖にある根室海峡は、北方領土に近いなどの理由で調査が難しく、生態系はよく分かっていない。同水族館の松崎浩二主任は「採取した卵を孵化(ふか)させて形態の変化などを研究し、知床の海に貴重な生物がいることを伝えたい」と話す。
産経ニュース記事より引用




IMG_4023_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4024_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4025_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4034_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4042_20160820_02_アクアマリンふくしま

有名な三角トンネル。
しかし、ヤンママさん、
その角度で自撮り棒使うか(笑)


IMG_4047(コトクラゲ)_20160820_02_アクアマリンふくしま

激レア生物 コトクラゲを展示しました

 コトクラゲは、ミズクラゲやエチゼンクラゲなど一般的なクラゲのなかまとは異なる有櫛(ゆうしつ)動物門に分類されます。昭和天皇により発見された当初は「何か分からない生物」として記録されていましたが、京都大学の駒井卓博士によりコトクラゲと命名されました。このことから、学名にラテン語で「皇帝」を意味するimperatorisと献名されています。
 当館では、昨年10月に駿河湾で深海採集を行った際、オリジナルの採集装置をとりつけたROV(自走式水中カメラ)により水深140~150mの海域で成体を採集し、同年12月に成体から約2mmの幼生が生まれました。今回は、約3cmに成長した2個体を展示しています。 
 コトクラゲは深い海に生息するため、採集が難しく水族館展示例が少ない生き物です。触手を長く伸ばしてプランクトンを捕獲しますが、生態については謎の多い生き物です。さらに、コトクラゲが繁殖した事例はなく、幼体の展示は世界で初めてのことです。
アクアマリンふくしまホームページより引用



IMG_4058_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4061_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4064_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4067_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4072_20160820_02_アクアマリンふくしま

アジ釣り体験をしたよ。
1人(1本?)1,000円で竿を貸してもらって、
オキアミを餌にして、アジを釣ります。
やり方さえ分かれば、すぐに釣れます。

兄ぃにに、餌のつけ方や合わせ方、
アジの顎が弱いから、すぐに取りこまないとバレちゃうこととか教えて、
早速、釣りを開始。

兄ぃには初体験だから、ウキを浮かせることも分からなかった…。

兄ぃに、初めての釣りに大興奮!

ザリガニ釣りしかさせたことなかったからね。


IMG_4070_20160820_02_アクアマリンふくしま

釣った分は1尾100円を支払って調理してもらい、
全て、食べて帰らなければなりません。

調子こいて釣るなよ…と

IMG_4071_20160820_02_アクアマリンふくしま

"命についての食育学習"でもあるそうです。
うちは3尾つって、美味しくいただきました。


IMG_4076_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4082_20160820_02_アクアマリンふくしま

IMG_4084_20160820_02_アクアマリンふくしま

シーラカンスに関しては、やっぱり専門の沼津港深海水族館のほうが見応えあります。

IMG_4085_20160820_02_アクアマリンふくしま

でも、まあ、これはこれで。


IMG_4087_20160820_02_アクアマリンふくしま

10年位前に一度来たことあるんだけど、
震災前だったか、後だったか…

かなり大きな水族館なので、
夏なら1日がかりで行っても十分遊べると思います。
展示もいいしね。
また、行きたいな。









" 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女。
↓もワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



※コメントください。大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

この記事のみを表示する【広島旅行】宮島水族館【みやじマリン】

水族館

(=゚ω゚)ノぃょぅ

焼き鳥おうじでゴザイマス。


今回の宮島訪問では、3つやりたいことがあったんだけど、
そのうちの一つが、この宮島水族館に来ること。

IMG_3646_20160816_04_宮島水族館

IMG_3654_20160816_04_宮島水族館

IMG_3656_20160816_04_宮島水族館

IMG_3659_20160816_04_宮島水族館

さすが、カキの産地。
水族館に牡蠣の稚貝の養殖風景。
海にホタテの貝殻を沈めておくと、
牡蠣が付着するんだそうだよ。


IMG_3682_20160816_04_宮島水族館

こんなとこと言っては失礼だけれども、
なかなか工夫された展示の仕方には共感させられる部分が多い。


IMG_3706_20160816_04_宮島水族館

この水族館、カメラ目線の魚が多かった(笑)
ウツボがやたらと元気よく泳ぐ水族館でもある。


IMG_3707_20160816_04_宮島水族館

いろんなところで流行っているクラゲ水槽。
当の本人(?)たちは、この展示方法をどう思っているんだろう。


DSC_0381_20160816_04_宮島水族館

太刀魚展示の水槽。
太刀魚の展示ってあまり見ない気がする。
昔、東京湾で釣ったことがあるけど、
なかなかのファイターで楽しませてくれた。
こんな泳ぎ方してるんだねぇ。


DSC_0385_20160816_04_宮島水族館

IMG_3710_20160816_04_宮島水族館

IMG_3718_20160816_04_宮島水族館

牡蠣棚とイワシの群れ。
この水族館でいちばん見とれてしまう水槽かも。
ボク、こういう水槽が活気あって好きだな。


IMG_3725_20160816_04_宮島水族館

ただのミノカサゴなんだけど、
なんとも言えない大きな個体で、
思わずシャッターを押した。かなり立派なミノカサゴだと思う。


IMG_3728_20160816_04_宮島水族館
アツモリウオ?
なかなかきれいで面白い形だなと思って。

アシカのショーは時間が合わなかったので見られなかったけど、
なかなか楽しめました。

≪みやじマリンパック≫
1,850円の乗船券+1,400円の入館券、合計3,250円かかったわけだけれど、
"みやじマリンパック"というセットのチケットなら3,000円。
家族旅行の時は、ちゃんとお得チケットがないか、調べた方が得ですね。
反省しきりです。










" 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。"




テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女。
↓もワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



※コメントください。大歓迎です。
 コメントが明日のボクの力とやる気につながります。

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じたあなたは"拍手!をポチッ"とお願いです。

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

この記事のみを表示する【東京・押上】すみだ水族館

水族館

(=゚ω゚)ノぃょぅ

いきなりステーキ食べて、
せっかく時間があるからって、
すみだ水族館に行ってみた。

IMG_1881_20150823_03_すみだ水族館

なんたって、

年パス使わないとソンだからね


IMG_1883_20150823_03_すみだ水族館

今日は、水族館の様子をご紹介。
その前に、この魚かわいかったなあ。
なんて魚だろ?
ご存じの方がいたら教えてください。


IMG_1887_20150823_03_すみだ水族館

アクアラボ

バックヤードで働く職員を見せるコンセプトらしいんだけど、
開館以来、クラゲのお世話をしているのしか見たことないや。
それはそれで人気みたいだけどね。


IMG_1889_20150823_03_すみだ水族館

ボロカサゴ

アクアギャラリーの一角にいるんだけど、
前はちゃんとした写真が撮れなかったので
ご登場願いました。


IMG_1891_20150823_03_すみだ水族館

ニホンザリガニ

これも、前は写真撮れなかったからね。
なんか、かわいい。


IMG_1893_20150823_03_すみだ水族館

どじょう

兄ぃに撮影。
企画展「ぬるにょろすい」が9月7日(月)まで延長されるんだって。


IMG_1895_20150823_03_すみだ水族館

アクアギャラリー

画像が暗いんじゃなくて、
ホントに暗い。
ここで、いつも兄ぃにや姉ぇねを見失う(笑)


IMG_1896_20150823_03_すみだ水族館

ニホンウナギ

兄ぃに撮影。
どうも、真正面から撮るのが好きみたいで、
兄ぃににカメラを渡しておくと、
けっこう正面アップの写真が撮られていたりする(笑)


IMG_1900_20150823_03_すみだ水族館

IMG_1901_20150823_03_すみだ水族館

東京大水槽

上から眺めるのもなかなかです。


IMG_1906_20150823_03_すみだ水族館

ペンギン水槽

このあと、夜バージョンってことで、
水族館全体の照明が落とされます。
すみだ水族館ならでは…かもね。


IMG_1910_20150823_03_すみだ水族館

サンゴ礁

IMG_1907_20150823_03_すみだ水族館

中国人観光客のおじさんが、
でっかい一眼レフカメラで盛んに撮ってたから、
ボクも撮ってみた。
これ、なんなんだろ?


IMG_1923_20150823_03_すみだ水族館

オットセイ

オットセイの水槽は下からも眺められます。
眺めているところを上から見ると、
画像のようになるっつー、
どーでもいい画像。
ちなみに、下から見ると(笑)


IMG_1929_20150823_03_すみだ水族館

江戸リウム

前も思ったけど、金魚の見せ方に関しては、
日本で一番上手な気がする。
外国は分かんないからパス。


IMG_1939_20150823_03_すみだ水族館

ペンギンカフェ

IMG_1938_20150823_03_すみだ水族館

いつの間にか、金魚ソフトなるものが登場していたので、
さっそく食べてみました。

IMG_1940_20150823_03_すみだ水族館

金魚ソフト(ラズベリー) 小笠原塩バニラ 各300円

金魚ソフトはシャーベットみたいな食感だった。
ボクはやっぱり塩バニラが好きだなあ。
おいしいよ。


IMG_1943_20150823_03_すみだ水族館

夜バージョンになると、
グッと照明が落ちます。

IMG_1950_20150823_03_すみだ水族館


IMG_1952_20150823_03_すみだ水族館

小笠原から来たウミガメの赤ちゃんに餌をあげてるとこ。
飼育員さんががんばってるんだけど、なかなか食べてくれなくて、
パクッとした暁には、大歓声があがるという…。

すみだ水族館、最近は少なくなったんだけどね、
開館当初はスエットスーツ姿の職員の人がプラプラ歩いていて、
水槽の解説してくれたり、
兄ぃにと一緒に隠れているカエルを探してくれたりしたんだよねえ。
この頃は見かけなくなったけど、行ってる時間帯が悪いのかな?
いい試みだと思っていたんだけどなあ。


IMG_1974_20150823_03_すみだ水族館

ペンギン花火

プロジェクションマッピング。
ペンギン水槽に花火が上がる。
上がる? いや、広がる?


IMG_1982_20150823_03_すみだ水族館

夜は夜でなかなか面白いです。
建物の中にある水族館として、
なかなかいろいろ挑戦してるなあって感じ。
また行こっと。


<過去ログサルベージ>
【東京・押上】すみだ水族館(2015.08.02)
【押上】すみだ水族館(2015.03.29)
【押上】すみだ水族館(2014.12.28)
【押上】すみだ水族館(2014.01.11)



テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村




コメントください。大歓迎です。
コメントが明日のボクの力とやる気につながります。
 ぜひ、書き込んでいってください。
(最近、コメントなくて寂しい…)

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じた貴女拍手をポチッとお願い。

テーマ:東京23区
ジャンル:地域情報

この記事のみを表示する【北海道旅行】山の水族館【北見市・留辺蘂】

水族館

(=゚ω゚)ノぃょぅ

ホテルを出発し、今回の目的の一つである山の水族館に向かいます。
トマムからおんねゆ温泉まで、約170kmのドライブです。

ホテルを出たときは晴れていたのだけど、
高速のトンネルを抜けたとたん靄で前が見えなくなったり、
ピーカンに晴れてみたり。

IMG_1405_20150809_04_山の中水族館

北海道はでっかいです。


IMG_1407_20150809_04_山の中水族館

とにかくひたすら道がまっすぐ。
朝からたらふく食べたので、
眠くなりまくリング。


IMG_1408_20150809_04_山の中水族館

どこまで行っても、緑の木々か何かの畑、あーんど、真っ直ぐな道。
こりゃ、眠気を誘うよな。


山の水族館が道の駅にあるのを知らなかったので、
ちょっと迷ったけど、ついにやってきました。

山の水族館

IMG_1411_20150809_04_山の中水族館

あら、意外とこぢんまりしてるのね。
入場料を払って、いよいよ突入です。

大人 670円 小学生 300円


IMG_1412_20150809_04_山の中水族館

IMG_1412a_20150809_04_山の中水族館

滝つぼ水槽

ここの水族館のウリの一つです。
オショロコマヤマメアメマスなどが泳ぎます。



IMG_1414_20150809_04_山の中水族館

IMG_1413_20150809_04_山の中水族館

イトウの稚魚


IMG_1417_20150809_04_山の中水族館

ドクターフィッシュ ガラ・ルファ水槽

もともと西アジアに生息するガラ・ルファ
トルコなどでは温泉などにも生息したりしています。
角質を食べることで有名で、
歯がないために、皮膚が傷つくこともない。

IMG_1422_20150809_04_山の中水族館

ボクも手を入れてみた。
同じ水槽に、他の子が手を入れていたにもかかわらず、
ボクが入れたとたんに、水槽内の魚全てがボクの手に。
ボクが汚いのかと思っていたら、
タッチングプールの方で、

私の手にみんなきちゃう。

手が汚いってことかしら?


って騒いでたから、
きっと大人の手を好むのでしょう…と信じたい。

一緒に手を入れてた女の子…ゴメンね。
全部、横取りしちゃった。

本当に大人の手を好むのか実験してみようと、
まずは姉ぇねに手を入れさせ、
適度に吸い付いたところで、ボクの手を横からいれてみると…

全部こっちキター

ピチピチのお肌より、こっちが好みなのね…複雑な気持ち。


IMG_1437_20150809_04_山の中水族館

四季の水槽

これもウリの一つ。
水槽自体は外に面しているため、
冬になると氷が張るんだって。

IMG_1437a_20150809_04_山の中水族館

IMG_1434(アメマス)_20150809_04_山の中水族館

ニジマスアメマスウグイブラウントラウトヤマメミヤベイワナが泳いでいます。

IMG_1433(ニジマスか)_20150809_04_山の中水族館

四季の水槽に泳いでいた、金色の魚。
ニジマスのアルビノと思われるんだけど、
調べてもどこにも記事が見あたらなかった。
※水族館のツイッターに記事がありました。



IMG_1441(ヒメマス)_20150809_04_山の中水族館

ヒメマス水槽



IMG_1446(トミヨ)_20150809_04_山の中水族館

トミヨ水槽



IMG_1443(ウグイ ヤチウグイ フクドジョウ)_20150809_04_山の中水族館

日本の川魚の水槽

ウグイヤチウグイフクドジョウが展示されていました。
ウグイは日本全国に広く分布していますが、
ヤチウグイやフクドジョウは国内だと北海道にのみ生息している魚だそうです。



IMG_1452_20150809_04_山の中水族館

イトウの大水槽

ここの水族館の最大のウリである水槽。
地下からの濾過のいらない豊富な湧き水があるからこそできる水槽だそうです。
イトウは1mを越えるのに15年以上かかるんだって。
ちなみに、ここのイトウはすべて川から捕ってきた天然物。
水槽内の石はリニューアルの際に、職員が拾い集め、
ひとつひとつ丁寧に洗ったものだそうですよ。

幻の魚といわれるイトウ
1mを越えるイトウを20匹以上飼育しているのはココだけだそうです。

IMG_1453_20150809_04_山の中水族館

IMG_1456_20150809_04_山の中水族館

IMG_1457_20150809_04_山の中水族館

IMG_1457a_20150809_04_山の中水族館

IMG_1457b_20150809_04_山の中水族館



IMG_1462a(ヤマメ)_20150809_04_山の中水族館

川魚のジャンプ水槽

水が減ると、上流に向かって泳いでいく魚の習性を利用した水槽。
日本で唯一の水族館プロデューサー中村氏の反対にもかかわらず、
職員の熱心な希望により実現した水槽。
これも、この水族館のウリの一つとなっています。

IMG_1462b(ヤマメ)_20150809_04_山の中水族館

15分に1回、写真のように水位が下がっていき、

IMG_1462c(ヤマメ)_20150809_04_山の中水族館

魚がやっといられるくらいの水位になると、
魚が上流に向かって

ジャンプ!…しないじゃん。

2回見たけど、1匹がかろうじてジャンプしただけ。
魚の皆さんも、このあとどうなるか分かっているのかもね。
(また、水位が復活する)



IMG_1465_20150809_04_山の中水族館

世界の熱帯淡水魚

ふんだんな温泉水を使い、熱帯魚を見せる水槽。
この水は"魔法の温泉水"と呼ばれ、
魚が驚異的に早く成長するといわれているんだって。

IMG_1468_20150809_04_山の中水族館

IMG_1468_20150809_04_山の中水族館

IMG_1470a_20150809_04_山の中水族館

IMG_1484_20150809_04_山の中水族館

IMG_1485_20150809_04_山の中水族館

IMG_1485a_20150809_04_山の中水族館



IMG_1520_20150809_04_山の中水族館


おしまい。

マヂっすか?
あっという間に見終わってしまいますよ、この水族館。
でも、他では見られないアイディア水槽と手作り感はとっても好感がもてます。
また、見に行きたいな。
長距離ドライブするのはイヤなので、
今度行くなら、稚内ノシャップ寒流水族館と抱き合わせとか…ね。

※ちなみに山の水族館からノシャップ寒流水族館までは
 335km 6時間半かかるの知らなかった…


山の水族館を地図で確認する








テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



コメントください。大歓迎です。
コメントが明日のボクの力とやる気につながります。
 ぜひ、書き込んでいってください。
(最近、コメントなくて寂しい…)

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じた貴女拍手をポチッとお願い。

テーマ:北海道旅行
ジャンル:旅行

この記事のみを表示する【東京・押上】すみだ水族館

水族館

(=゚ω゚)ノぃょぅ

今日は久しぶりに仕事のことは考えなくていいお休み。
兄ぃにを連れて、すみだ水族館に行ったよ。
年パス使わないと、損しちゃうし、
まあ、徒歩数分の所なので、お散歩がてら…朝ご飯も食べたいし。

IMG_0718_20150802_01_すみだ水族館

朝の9:00からやってるので、
ちょいと早めに行ったんだけれども、
ソラマチが開くまでの時間潰しでしょうか?、
けっこうな人がいたな。

ここからは、写真をダダ貼りでゴザイマス。


IMG_0624タコクラゲ_20150802_01_すみだ水族館

タコクラゲ

タコなのかクラゲなのかハッキリして欲しい…。



IMG_0629ケスジヤドカリ_20150802_01_すみだ水族館

ケスジヤドカリ

ヤドカリもアップで撮ると、なかなかの迫力。



IMG_0633アメリカカブトガニ_20150802_01_すみだ水族館

アメリカカブトガニ

我が家に1匹欲しい。カワイイよねぇ。



IMG_0636ボロカサゴ_20150802_01_すみだ水族館

ボロカサゴ

海藻に擬態してるのかな?。



IMG_0650ダイオオグソクムシ_20150802_01_すみだ水族館

ダイオウオグソクムシ

鳥羽水族館のNo.1は死んじゃったねぇ。

解剖されたみたい。(閲覧注意だそうです。)



IMG_0657_20150802_01_すみだ水族館

甘く見てると、ぬるにょろするぜ

うなぎだの、あなごだの、肺魚だの…。



IMG_0666_20150802_01_すみだ水族館

ナポレオンフィッシュ

メガネモチノウオ…ベラ科だそうですよ。



IMG_0669_20150802_01_すみだ水族館

朝早いから、人があまりいなくて見やすい。



IMG_0674トラウツボ_20150802_01_すみだ水族館

トラウツボ

伊豆の海で見かけました。



IMG_0678_20150802_01_すみだ水族館

じいいいぃぃぃっと眺めている子ども。
魚の種類や大きさはともかく、
水槽内のレイアウトや見せ方は上手だと思う。



IMG_0683南京玉すだれ_20150802_01_すみだ水族館

南京玉すだれショー

ここは水族館なんですよね?…



IMG_0692忍者ショー_20150802_01_すみだ水族館

忍者なんか出てきちゃったり…

日光江戸村とのコラボみたいですね。

忍者ショーは、なかなか面白かったけど、
なぜに水族館でやるのかの意味はいまいち分からず。
とにかく、水族館の場所柄が原因なのか、
"江戸"にこだわってるんだよなあ。



IMG_0706_20150802_01_すみだ水族館

金魚の水槽

ほらね、江戸ワールド満開。



IMG_0715_20150802_01_すみだ水族館

手をかざすと、気持ち悪いほど寄ってくる和金。
人がたかるのも分かる気がする。
子どもには楽しいよねぇ。



IMG_0717_20150802_01_すみだ水族館

金魚の水槽に人がたくさんいるのは、ココだけじゃないでしょうか。
見せ方の勝利って感じがするよ。

とかく、常設の水槽も愉快であるんなれど、
なにかと協同の活動の祭り事をやっとるさながらゆえ、
また、休みを取れたでござれば、
おそぞろ歩きがてら、参ってみやうと存じまする。

お後がよろしいようで。



すみだ水族館の場所を地図で確認する



<過去ログサルベージ>
【押上】すみだ水族館(2015.03.29)
【押上】すみだ水族館(2014.12.28)
【押上】すみだ水族館(2014.01.11)


テキストの内容がイイネと思ったそこの貴女
↓もワンクリックお願いします。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村




コメントください。大歓迎です。
コメントが明日のボクの力とやる気につながります。
 ぜひ、書き込んでいってください。
(最近、コメントなくて寂しい…)

↓ 焼き鳥おうじさん頑張ったなって感じた貴女拍手をポチッとお願い。

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行